不動産の選び方


不動産の選び方

日本人が可視化出来るわかりやすい財産と聞いたら、まずは「現金」でしょう。その次に「不動産」と答える人が多いです。 昔から日本人には、不動産所有思考が多くあり、根強いマイホーム志向があるのもそのためです。 最近、マイホームという括りの中でも、マンションでの暮らし方や、賃貸住宅での暮らし方、 若い年代ではシェアハウスや高齢者ではグループホームなどの選択肢が増えてきました。 自分に合った不動産や住宅の選び方が、自分の生活をいかに快適にするかどうかを左右する大きなポイントになるといっても過言ではありません。
そして、不動産を所有する人にとって、土地価格が下落した今でも、やはり購入となれば大きな金額です。まずは、しっかりとした知識を持ち、 後悔しない購入をしないといけません。特に、土地取得税など税金や住宅ローンなどの不動産のお金に関する事と、建ぺい率などの土地の知識、又建物の知識と3本立てで勉強することをお勧めします。参考:住宅ローン。 不動産業者やハウスメーカーに任せきりにしてしまうと、後悔することが多々出てきてしまいます。 そうならないように、まずは自分で勉強し、また自分で実際の不動産を見たり調べたりすることが、これからの良い不動産を見抜く力になります。
参考までに、選んで購入した不動産を元に、資産の運用を行うという事も出来ます。その不動産を、人に貸して毎月の家賃という形でお金を受け取る、人に購入時の金額以上で売り渡して差額のお金を受け取るという考え方です。不動産の価値は、生活する上での利便性や立地など様々な要因で変動していくものです。将来的に他の人が借りたいと思うかどうか、または購入したいと思うかどうかを考慮して不動産を選ぶこともポイントの一つです。



ページTOPへ